新築した時の内祝いの選び方

まずは相場やマナーをチェック!

新築した時の内祝いを選ぶ時は、新築祝いとして受け取った品物の3分の1から半額ほどの品物を用意するのが良いと言われています。受け取った品物の金額が不明な時は金額にこだわりすぎず、新築祝いのお礼として贈っても失礼にならないような品物を選ぶと良いでしょう。また、新築の内祝いを贈るタイミングは、引越ししてから1ヶ月から2ヶ月以内がマナーとされています。贈り忘れを防ぐには、新築祝いを受け取った時に、くれた人の名前や品物の詳細などをメモしておくのがおすすめです。 本来は新居をお披露目することを新築の内祝いとするのですが、新居に来てもらえなかった人や、高額な品物を受け取った時には、改めて内祝いの品物を贈ることもあります。なお、新居に招待した人に対しては、食事をふるまい、お土産として内祝いの品物を贈るのが一般的です。

新築の内祝いにおすすめの品物は?

新築の内祝いとしておすすめの品物は、日用品や食品などです。値段や使い心地などを考慮して、相手に気を使わせ過ぎず、幅広い世代に喜んでもらえる物を選ぶようにしましょう。食品を内祝いにするなら、有名店のお菓子の詰め合わせや、ジュースやコーヒーなどの飲料がおすすめです。相手の好みに合わせて選べば、より感謝の気持ちが伝わりやすくなります。 また、洗剤やタオルのセットも贈り物に向いていますし、縁起を担いだ贈り物としては、コップなどの入れ物系も定番の品です。これは入れ物を人が中に入る建物に見立てて、それを贈ることで建物の完成を通知する、という意味をこめることもできるからです。他には、カタログギフトもおすすめで、こちらは相手に好きな物を選んでもらえる点が魅力的です。内祝いを選ぶ時は金額などのマナーにも気をつけて、相手の家族構成や生活スタイルに合わせた品物を探すと失敗しにくいです。