結婚した時の内祝いの選び方

縁起物を選ぶのが相手への感謝の気持ちになる

内祝いは贈り物をしてくれた相手への感謝の気持ちを示す物なので、贈った相手よりも豪華な物を選んではいけません。また、あまりにもかさばる物やすぐに傷んでしまう物など、受け取った人が対処に困る物も避けるのが社会人としてのマナーになります。特に結婚した際の内祝いについては、自分たちの門出を祝福してくれた相手なので、失礼が無いように華やかで縁起が良い物を贈るように心がけましょう。その一方で、受け取った人が喜び、生活に役立つ物を選ぶのもマナーのひとつです。縁起物でありつつ、暮らしの中で便利に活用できる物を選ぶのが内祝いを贈る際の心得になります。そのため、結婚する際には予め内祝いに関するマナーの確認やギフトセットの比較などを済ませておくことが大切です。

カタログギフトは外れがほとんど無いのが魅力

内祝いは感謝の気持ちを込めて贈る物なので、真心がこもっている物であれば中身は問わないというのが建前です。しかし、実際は相手が贈った物より豪華な物は選んではいけないなどのマナーがあるため、何でも良いというわけにはいきません。また、せっかくの贈り物が相手の好みに合わないというケースもよくあります。そのため、近年では受け取る人が自分で品物を選んで決める、カタログ形式のギフトが人気です。カタログギフトは予算別に様々な品物が選べるようになっているのが大きな特徴です。カタログを受け取った人が自分の好みに合わせて品物を選ぶので、贈り物が喜ばれないという失敗を避けることができます。その反面、カタログという形式に忌避感を持つ人も少なくないことから、内祝いとしてカタログギフトを選ぶ際は慎重に判断しなければいけません。