内祝いにかける金額

内祝いを選ぶ金額の目安は?

結婚や出産でお祝いをいただいた時に返礼として「内祝い」を贈ります。しかし、いくらぐらいの品物をお返しすべきか悩んでいる方も多いことでしょう。目安は、いただいたお祝い金の半額、つまり「半返し」か3分の1程度とされています。特に目上の方には、あまり高額な品物を贈ると失礼にあたるとされています。そのあたりを踏まえて品物選びをしましょう。また、タオルやお菓子などを選ぶのが一般的です。 もし、お祝いが金額でなく品物だとしたら悩んでしまいますね。そのような時は、いただいたお祝いの半額というルールで考えるのではなく、相手が使って喜ばれる品物を選びましょう。お返しする注意点として、出産の内祝いの場合赤ちゃんの名前で贈ります。出産後は、お祝いをいただいた都度内祝い考えるのは、手間がかかるもの。赤ちゃんの名前の入った手ぬぐいなど全員に同じものを用意して「内祝い」にすると、すぐにお返しができて便利です。

会社の同僚や友人への「内祝い」は?

職場や同僚や友人から連名でお祝いをいただいた場合は、どうすればいいでしょうか?その場合は、何名の方からいただいたことがわかるのであれば、金額を人数で割り、記念の品として個別に「内祝い」を贈ります。例えば、上質なタオルやタオルハンカチなどが喜ばれます。お菓子の場合は、日持ちのするもので個包装になったギフトを選びましょう。職場で離席中の方がいても、机に置いておける気軽さがあります。その場合は、メッセージを添えて感謝の気持ちを伝えるといいですね。 また、結婚の際の内祝いは、すぐに新婚旅行に行くのであれば、お土産を贈るのも喜ばれます。「内祝い」として贈るので個装になっている食べ物や普段の生活に使えそうでいて、記念になるようなものを探しましょう。