内祝いの熨斗紙の書き方

内祝いの内容で内容が変わることに注意

内祝いは結婚や出産、進学といったおめでたい事柄を祝ってくれた人への感謝の気持ちを示す贈り物です。多くの場合、品物に熨斗紙をつけてお返しの形にしますが、熨斗紙に記す事柄についてはお祝いの内容で変わってきます。市販されている熨斗紙のほとんどは水引を模した図柄が印刷されていますが、その水引の上部と下部で記す事柄がそれぞれ異なります。上部にはおめでたい事柄を意味する「寿」の漢字一文字か、あるいは「内祝」と記すのが一般的な作法です。寿と内祝の表記はお祝い事の内容に関係無く使用できるので、迷ったらこの二つのどちらかを使用すれば間違いはありません。水引の下部にはお祝い事の当事者の氏名を記します。結婚祝いなら夫婦二人の連名か、あるいは夫婦それぞれの家名が普通です。出産祝いであれば生まれた赤ちゃんの名前で内祝いを贈ります。

熨斗紙の選び方や筆の扱い方には注意が必要

内祝いで使う熨斗紙についてはお祝い事の内容で適した種類が異なります。熨斗紙に印刷されている水引の結び目で意味が大きく変わるので、内祝いを贈る際には注意が必要です。蝶結びの形で印刷された熨斗紙はお祝い事全般に使用できますが、結婚に関係する事柄には絶対に使ってはいけません。蝶結びは何度でも結び直すことができる形状なので、結婚を何度も繰り返すことを意味するためです。結婚関係のお祝い事には結び切りと呼ばれる、一度結んだらほどけない結び目が印刷された熨斗紙を使うのが正しい選択になります。また、熨斗紙への記載は筆書きが最適とされています。墨汁を使った本格的な筆が無ければ簡単に扱うことができる筆ペンでも構いません。しかし、ボールペンや鉛筆といった、筆以外の用具は使えないので注意する必要があります。